当日・即日・今すぐに探偵や興信所へ浮気調査の依頼は可能?

探偵や興信所で行われる浮気調査は、普通なら何回も打ち合わせを繰り返したり、しっかりと下準備をするなど時間をかけて行われます。

しかし「今すぐに調査してもらいたい」、「旦那が今日の夕方に浮気相手に会うから大至急お願いします」など、詳しい事情を聞く間もないほど焦っている方からの依頼が少なくありません。

そんな方に向けてこのページでは、急いで探偵に依頼することのリスクや、実際に当日でも引き受けてもらえるのか、などの情報を解説していきます。

探偵や興信所に慌てて依頼するのはおすすめしません!

インターネットで少し検索すれば分かりますが、探偵の看板を掲げている業者は、絞り込んでも選ぶのに迷うほどたくさん存在します。

その中には、「即日対応可能」とか「急なご依頼にも誠実に対処します」などを、ホームページ上で謳っているのを見ることが多いです。

浮気調査の申し込みをする人というのは、自分は裏切られているかもしれないと思っている(または確信している)ので、基本的に気持ちが焦っています。

しかし依頼者のメリットや将来の事を真剣に考えると、当日・即日など急いで浮気調査を依頼することはおすすめできません。

ではその理由について、率直に以下で説明していきます。

十分な事前準備ができないから

漫画や小説のイメージで勘違いしている方がいるかもしれませんが、プロの探偵といってもできる事は限られていて、どんなことでも調べ出すスーパーマンでは決してありません。

調査対象者の詳しい情報を聞かず、依頼人とロクに打ち合わせもせず、その日のうちに調査に向かうというのは、結構な無茶振りだったりします。

なぜなら浮気調査を成功させるためには、事前に準備することは絶対に欠かせないポイントで、場数を踏んでいる腕利きの調査員ほどここを重要視しています。

ですが即日の緊急的な依頼となると、探偵側は確かな情報やまともに打ち合わせもしないままぶっつけ本番ということになるので、失敗してしまう可能性が飛躍的に上がります。

ではどんな失敗をしやすくなるのかというと、まず対象者を間違ったり・見過ごしてしまう可能性があります。

プロの探偵は調査の事前準備として、対象者の顔をあらかじめ生で確認しておく「面取り」という作業を行うのですが、当日依頼では当然これはできません。

依頼の電話や面談でおおまかな体格や特徴などを聞く程度、または顔写真や写メールなどの情報を受け取ったとしても、やはり自分の目で確認する本人とでは印象が随分変わってくるものです。

さらに人ごみや雑踏の中で尾行・張り込みをするわけで、これは想像している以上に難しいことです。

他にも、当日の調査で尾行の現場(対象者の自宅、通勤ルート、会社付近、逢引きするであろう箇所周辺など)になりそうな場所に関しても、事前段階で入念にチェックします。

それによって安全に張り込めそうな場所や、逆に危険なポイントを下見し、それらをあらかじめ頭に入れてから調査日に臨むわけです。

しかし事前確認がないままだと、全く土地勘のない見知らぬ場所を手探りで調査することになり、それだけ尾行している途中で対象者に気づかれたり、見失ってしまう可能性が上がってしまうのです。

調査費用の総額が通常よりも高くなる可能性が高い

上では、以下に経験を積んだプロでも、事前準備をしないと失敗するリスクが格段に上がることを説明しました。

ではその失敗する可能性を最大限回避するにはどうすればいいのかですが、これは物理的な問題で、調査員の人数を増やすしかありません。

数を増やすことで、たとえ尾行中に対象者を見過ごしたり一時的に見失っても、現場周辺に別の調査員現を配置しておけばそこからの追跡が可能になるからです。

また途中で、尾行していることを対象者に気づかれそうな場面に遭遇した場合でも、その調査員は離脱して別の人間にバトンタッチすることができます

案件や状況によって異なりますが、基本的な浮気調査では当日活動する調査員は2~3人のケースが多いです。

ですがほとんど情報もなく、どんなハプニングが起こるか分からない当日調査となれば、失敗を避けるために普通よりも倍の人数を配置するなどで当たらなければいけません。

当然ですが、稼働する人員の数が増えれば増えるほど料金は高くなり、それがたとえ1日・数時間の調査でも、一般的な相場より高額になることは覚悟しなければいけません。

当日に依頼を引き受けられる方がむしろ怪しい

上で説明したことの繰り返しになりますが、浮気調査はその前段階の下準備をどれだけ丁寧に行うかが成功のポイントです。

なので自社の調査力に自信があり、誠実なサービスを行っている業者ほど、リスクが高く依頼者のためになると思えない依頼は丁重に断るはずです。

にも関わらず、ほんの少し顔を合わせて話しただけだったり、最悪電話のみでその日に依頼を引き受る方がおかしいと思いませんか?

その探偵社からしてみれば、「今日中に・今すぐ調査して!」と言ってくるということは、相談や検討段階ではなく、確実に契約する事が分かっている美味しいお客さんです。

また他の探偵社を比較・検討する時間的・精神的な余裕がないわけですから、理由を付けて相場よりも高い金額を提示したり、不必要な調査プランを提案されるかもしれません。(決してあってはいけないことですが・・・)

依頼することについてもう一度冷静になって考える

このページで今まで説明してきたように、どこに依頼するかをじっくりと吟味せず適当に決めてしまうことだけは絶対にダメです。

飛び込みで申し込んだところが、調査レベルが低い適当な業者かもしれませんし、料金にしても相場より安くなることはまずありません。

またそれだけでなく、客観的に成功する見込みが薄い案件なのに無理に引き受けたり、弱みに付け込んで足元を見られる可能性だってないとは言えないのです。

あなた自身や家族の将来がかかっていることだけに、一旦気持ちを落ち着かせて以下の事を考えて下さい。

今日が浮気日という確信は本当にありますか?

裏切り行為は絶対に許せない、少しでも早く真実を知りたいとして、「大至急・すぐにでも調査して欲しい!」と意気込む気持ちは分かります。

ですが配偶者に対して許せないという怒りや悲しみの感情が強すぎて、暴走気味になっていませんか?

恐らくは、旦那(妻)が今日絶対に浮気すると確信しているから、調査の申込みを考えていると思いますが、それは本当に確実なことでしょうか?

旦那に対する女性の感だったり、何となく今日は様子がおかしい程度でこれといった証拠や根拠がある訳でもないのに、衝動的に探偵や興信所に依頼しようとしていませんか?

急いで依頼することで「失敗する可能性が上がること」、「料金が高くなること」などのデメリットは説明してきましたが、そもそも浮気の事実はあるのでしょうか?

そこもあやふやなまま今だけの感情で動いてしまうと、完全な無駄足になるだけでなく、調査費用の使い込みがバレて、逆に自分自身が追及されてしまう可能性だってあるのです。

さらにパートナーに浮気の事実があったとしても、準備不足な調査を敢行するということは、相手に気づかれてしまう確率が上がります。

調べていることを相手に怪しまれたり、依頼したことがバレてしまうと、その後はより慎重な態度を取られ、証拠を集めること自体が難しい状況になりかねません。

なので「本当に今日じゃないと絶対にダメなのか?」ということをもう一度自分に問いかけ、一時的な感情的だけで決定せずとにかく冷静に考え下さい。

今日じゃなくてもまたチャンスは必ず来る!

心理的な焦りがある分、「今日という機会を逃したら、証拠を掴むチャンスはもう二度と来ない」と不安を感じるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

出会い系サイトのような、過去の関係性が全くない中で知り合った場合は別ですが、こと不倫に限って言うなら、1度限り・1日限りの関係なんてほぼありえません。

特に女性よりも男性の場合は、その傾向があります。

なので旦那(妻)の浮気を確信しているなら、決定的瞬間を抑えるチャンスは今日以外でも必ず来ます。

たとえ腹立たしい気持ちや、精神的なストレスを抱えて苦しい日々をおくることになっても、全てが終わってから自分や家族が望んだ形を迎えられるよう、浮気調査は慎重かつ巧妙に進めていきましょう。

探偵に依頼する前に自分の力でやるべきことについて

当サイトの様々なページでしつこいほど説明していますが、探偵や興信所の利用を考える前に、まず自分の力でやるべきことはたくさんあります。

それはパートナーが浮気している根拠や、具体的に証拠となる物を探すことです。

1つ1つの項目に関してはこちらのページで説明していますが、たとえば、

  • LINEやメールで怪しいやりとりをしていないか?
  • 車から異性の髪の毛やピアスなど浮気の痕跡が落ちていないか?
  • 衣服や下着に異性の匂いやシミなどが付いていないか?
  • 財布から使途不明のレシートや領収書が出てこないか?
  • カバンからコンドーム、ピル、ホテルの会員カードなど怪しい物が出てこないかどうか?

細かく挙げればキリがありませんが、旦那(妻)にこのようなことがないかチェックして下さい。

またそれと併せて、急にそっけなくなった、優しくなった、お洒落になった、帰りが遅くなるようになった、よく外に出るようになったなど、態度に変化がないかもよく見て下さい。

怪しい行動パターン・規則性がないかを確認する

以上のような自分で行う浮気調査を全くしていない方は、今すぐにして下さい。

そしてすでに疑わしい物的証拠や行動を確認しているから、探偵や興信所への依頼を検討している方ですが、これも落ち着いてもう少し注意深く観察しましょう。

具体的に何を観察するかですが、これは「怪しい行動パターン」がないかどうかです。

不倫は相手がいるから成立し、お互いに都合やスケジュールを合わせながら会う訳なので、そこには何かしらのパターンができやすいです。

具体例を挙げると、

「頻繁に帰りが遅くなる曜日があり、その日に限ってタバコや香水の臭いをプンプンさせて帰ってくる」

「1週間に1回必ず夜の散歩に出かけて2~3時間帰ってこない、なぜか車を使っている痕跡もある」

「会社の飲み会といって遅く帰ってくる日は、いつもお気に入りのパンツを履いている」

「1ヶ月に1回は泊りの出張があり、その時は電話やメールをしても連絡が付かないことが多い」


などのようなことで、パートナーの行動が怪しいと感じる日に、規則性がないかどうかをチェックすること。

そしてこのようなパターンを一定期間分析することで、次に旦那(妻)が浮気相手と密会しそうな日時や曜日を割り出せる可能性が高くなります。

その割り出した日時こそが、探偵や興信所に調査をお願いする日なのです。

事前にここまで絞り込んで依頼すると、探偵社に提供できる情報が多いのでそれだけ調査の成功率は上がり、またスムーズに調べてもらえるので、調査にかかる費用をも安く抑えることができるのです。

ページの先頭へ