探偵・興信所に浮気調査を依頼して相手にばれることはないの?

パートナーの浮気調査をプロに依頼したとして、その途中で相手にばれることはないのか疑問や不安を感じている方は少なくありません。

実際のところ、依頼の難易度や受ける側の技量・経験によって大きく異なりますが、どんなに優秀な探偵社に申し込んでも100%絶対にばれないなんてことはありません。

ただしほとんどケースにおいて、事前に避けることができたり、依頼者側の不注意が大きな原因となっていることも事実です。

ということでこのページでは、ばれない浮気調査のために必要な情報や注意点について解説していきますので、探偵や興信所への依頼を考えている方はぜひチェックして下さい。

実力がない、レベルの低い業者に依頼してしまった

浮気調査の途中で相手にばれてしまう大きな原因として、調査力が低く経験の浅い探偵事務所に依頼・契約してしまうことが挙げられます。

これはたとえば、自社に経験豊富な専門の探偵を抱えていなかったり、素人同然のアルバイトを使っている業者にお願いするなどです。

このような会社に任せてしまうと、発覚・失敗してしまうリスクは当然高くなるので、最初のリサーチ段階で調査力の高い探偵・興信所を絞る必要があります。

では浮気調査における調査力とは具体的に何かですが、これは主に「調査員の技術力」と「使用する機材の質」の2点が大きなポイントになります。

調査員の技術力について

浮気調査においてどんな案件だとしても、対象者を尾行・張り込みするのは必須項目です。

そしてこの尾行や張り込みをするというのが、非常にとても難易度の高い作業かつ、プロの腕の見せ所だったりします。

たとえば、

  • 歩く速度
  • 運転技術
  • 車間距離、対象者との間隔の取り方
  • 雑踏でも見失わない集中力
  • 不自然ではない張り込みのポイント

などのように、調査を成功させるためには様々な重要事柄が存在します。

またその他にも、対象者が立ち止まったり振り向かれた時に、怪しまれないよう自然に振る舞ってその場をやり過ごすアドリブ力。

さらに「ここまで踏み込んだら危険」というギリギリのラインを察知し調査を続行する、またはその日は撤退するなどの正確な判断力も問われます。

このように尾行・張り込みは探偵の基本ではありますが、成立させるためには極めて高度な技術と経験が要求され、素人が真似できるような簡単なものではありません。

そしてこのような尾行・張り込みの技術・ノウハウというのは、一朝一夕で見に付くものではなく、業界に長く在籍しどれだけの場数や経験を積んでいるかが重要なのです。

さらに浮気調査は1人だけではなく、ほとんどのケースで2~3人以上のチームを組んで行いますので、失敗・発覚を防ぐならレベルの高い調査員が複数在籍している業者を選ぶべきです。

使用する機材について

次に「使用する機材」なのですが、これは依頼者にとって一番重要な浮気の証拠写真・証拠映像を写すものなので、何を使用するかによって結果に直接関係してきます。

探偵や興信所の調査でよく使われる機材を具体的に挙げると、

  • オリジナルの調査車輌
  • 暗視カメラ
  • 光学ズーム数100~1000倍対応カメラ
  • 小型スパイカメラ
  • 一眼レフデジカメ
  • 業務用ビデオカメラ
  • 赤外線投光器

以上のような機材が、浮気調査の現場では頻繁に使用されます。

そして最新鋭の特殊機材を数多く保有しているということは、相手にばれるリスクを最小限に抑え、遠距離・店内・夜間・暗闇の中など、どんな状況でもハッキリとした証拠を撮影することにつながります。

そしてこのような専用器材は1つで数百万円という値段の物もありますので、腕が良く健全に経営がなりたっている探偵社以外揃えることが難しいのが現状です。

その反面、古くて使えないなど使用する機材のレベルが低いと、どうしても対象者に無理に接近するなど、撮影の為にリスクを冒す必要があります。

そうすると当たり前ですが、調べていること自体がばれる可能性・確率は上がってしまいます。

また裁判で提出できるレベルの証拠、旦那(妻)が言い逃れできないぐらい誰が見ても鮮明で明らかな証拠を掴むなら、やはりこだわり抜いた最新鋭の機材を数多く所持している業者を選ぶべきです。

さらに上で説明した調査員の技術力という点において、機材に関する知識や携行したアイテムをどの場面でどう使うかなどの判断力も、探偵のレベルに加味されます。

調査対象者に警戒されている

浮気相手や内緒の恋人との恋愛に夢中になるあまり、油断して周りが全然見えていないタイプの人を調査するのは簡単です。

ですがその逆に、もともと警戒心が強く慎重な性格の人から浮気の証拠を取ることは、プロでも簡単なことではありません。

一般論として既婚者なのに不倫をするということは、もしそれがばれてしまった場合、

  • 家庭が壊れ旦那(妻)と離婚になってしまう
  • 最愛の子供と離れ離れになってしまう
  • 会社をクビになる可能性や仕事に明らかな支障がでてしまう
  • 多額の慰謝料を請求されてしまう
  • 裁判で訴えられてしまう
  • 実親、義親、親戚にばれて大目玉をくらう

など様々なトラブルが自分の実に降りかかる、最悪の場合は全てを失い人生が破滅してしまう可能性だってあり得る訳です。

それだけの危険性がある行為を自らの意思で行うのですから、些細な違和感にでも気づけるよう常に気を張っていても全然おかしくありません。

また今ではインターネットで検索したり、関連書籍を読むだけで、

  • 浮気相手と会う際に尾行されにくい手段
  • たとえ尾行されても振り切る術
  • 注意深く周囲を確認する方法
  • 携帯やパソコン上に浮気の痕跡を残さないようにすること
  • カメラ・GPS・ボイスレコーダーが仕掛けられやすい場所
  • 密会するスケジュールや行動パターンを不規則にすること

などのような情報は、いとも簡単に手に入ります。

なので冷静で頭が回る人ほど、浮気発覚を避けるためにこのような知識をあらかじめチェックしておき、実際の行動に移しているケースが多いです。

このような相手を調査するとなったら、周囲をうかつに嗅ぎまわることは危険ですし、自分で尾行をするなどの行為はもってのほかです。

優秀なプロの探偵の仕事でも、時間をかけながら慎重に調査をしないと期待通りの成果は上げられません。

ですのでこのような警戒心の高い人の調査を、レベルが低く未熟な探偵に依頼してしまったり、自力や友達に頼んで証拠集めをするなどは、途中でばれる可能性が高いです。

依頼者のせいでばれる

せっかく安くないお金を払って探偵や興信所に申し込んだのに、依頼者自身のうかつな発言・行動が原因となり、浮気調査していることがばれてしまうパターンも多々あります。

以下で代表的なケースを紹介します。

普段と違う態度をとってしまう

いくら頭の中は浮気相手で夢中になっていても、夫婦として長年連れ添ったパートナーです。

探偵に調査を依頼したとして、普段とはまるっきり違う不自然な言葉を放ったり態度をとってしまうと、何かしらの違和感や不信感を相手に抱かせてしまいます。

具体的には、

  • 配偶者に対して見透かしたような上から目線の言動をとる
  • 相手の反応、様子を窺うような発言を頻繁に行う
  • 普段では考えられないような不自然で挙動不審な態度をとってしまう

などがあり、スムーズに浮気調査を成功させたいなら、このような事を過剰に行うのは絶対にNGです。

自分が疑われていることに気づいてしまうと、無駄に旦那(妻)の警戒心を強めてしまい、証拠集めが困難になってしまう可能性が高まります。

問い詰める、途中で我慢ができずに言ってしまう

パートナーが浮気しているという事実は、タダでさえ精神的なダメージが強いです。

それでも何も気づいていない振りをし、気持ちを抑えながら、いつもと変わらない日常を過ごさないといけないのは、想定しているよりも多大なストレスです。

そのような状況に我慢できず、感情的になってしまい、「昨日は誰とどこに行っていた?」、「その日は本当に仕事なのか?」、「最近帰りが遅いけど何してるの?」など、パートナーに迫り問い詰めてしまうパターンがあります。

された側としては、「もしかすると不倫していることに感づいているのでは?」と思い、より注意を高め慎重な行動を取るようになるので、それ以降はなかなかボロを出さなくなります。

そうなると、当初契約した期間だけでは決定的な証拠を取れず、延長し追加料金が必要になったり、調査自体が失敗してしまうリスクを高めてしまいます。

そしてさらに酷いのが、「浮気していることを知っている」、「探偵に依頼している」、「証拠を掴んでいる」というようなことまで自ら暴露して、全ての努力を水の泡としてしまう人も中には存在します。

依頼した証拠となるものを相手に発見されてしまう

完全な依頼者側のミスで、調査していることが相手にばれてしまうケースがあります。

たとえば一番分かりやすいのが、業者と取り交わした契約書をパートナーに見つけられてしまうこと。

これを発見されると、浮気調査をしていることが誰の目からも一目瞭然なので、契約書やその他の関連資料は必ず見つからない場所に隠し、安全に保管して下さい。

その他にも発覚するケースを紹介すると、依頼~調査終了までの過程では担当者とその都度細かくやりとりをするのですが、その過程を見られたり聞かれたりすることです。

具体的には、

  • 探偵社とのLINEやメールでのやりとりを見られる
  • 探偵社へ調査報告の問い合わせ、質問している会話を聞かれる
  • 夫婦で共有しているパソコン、スマホ、タブレットなどを使用して探偵社のホームページを開いたり、浮気調査に関する検索をしたまま削除せず、その履歴を見られてしまう
  • 携帯電話での探偵社への発信履歴・着信履歴を見られる、リダイヤルで確認される

のようなことが挙げられ、これらは完全に依頼者側の不注意やミスなので、これを理由に返金やキャンセルは当然できません。

なので調査依頼をしたのであれば、全ての作業が終わり決定的な証拠を手に入れるまで、途中で察知されないよう油断せず用心深い行動を心がけるべきでしょう。

ページの先頭へ