探偵・興信所で浮気調査を依頼したら料金はいくらぐらい?

プロに浮気調査をお願いしようと検討しているが、「依頼料はいくらぐらいの金額になるのか?」ということは、探偵や興信所が身近ではない分、誰もが考える疑問点だと思います。

ということで、浮気調査の平均的な料金や相場、調査プラン、また費用の総額を安い金額に抑える為のコツなど、主に浮気調査に必要なお金にまつわる情報を以下で解説していきます。

浮気調査の平均的な相場とその根拠について

まず最初に浮気調査を依頼した際の、平均的な相場について先に紹介すると、

これはズバリ、「調査員2名・1時間当たりで15,000円~25,000円」程度の料金設定にしている探偵・興信所が多いです。

この金額の具体的な根拠としては、探偵業界の中心として活動している協会である、「一般社団法人 東京都調査業協会」が都内の探偵業者にアンケートを取った結果を元にしています。

そしてそのアンケートの回答結果なのですが、

1時間当たりの調査料金(調査員2名の場合)

20,000円以上~25,000円未満が36%

15,000円以上~20,000円未満が28%

10,000円以上~15,000円未満が24%

1日1台当たりの車輌費

無料が36%

10,000円以上~15,000円未満が24%

15,000円以上~20,000円未満が16%

以上のような結果になりました。

つまり1時間の調査で、15,000円以上~25,000円未満の値段が過半数を超えていますので、これを浮気調査の相場として考えれば良いでしょう。

1つ補足する点として、アンケートでは調査員2名分の値段となっていますが、これは尾行を必須とする浮気調査では、1名だけだと途中でトイレにも行くことができないので、2名以上で取りかかるのが当たり前とされています。

より分かりやすく調査員1人分換算にすると、1時間7,500円~12,500円になりますので、目安として7,500円以下ならその業者は安い、12,500円以上ならその業者は高いという判断ができるでしょう。

浮気調査費用の内訳について

では次に料金に関して、「具体的には何にお金を支払うのか?」「どんなことに費用が発生するのか?」について説明したいと思います。

雇う側としても何にお金がかかっているのか分からないような、不透明さが目立てば不安に感じるでしょうし、知識として前もって頭に入れておいた方が良いでしょう。

では探偵や興信所における調査費用の内訳として、主なものは以下の4つになります。

調査料金(調査員の人件費、着手金)

調査料金のほとんどを占めているのが、実際に現場で調査に当たるスタッフの人件費になり、ここには深夜早朝割増・危険手当・出張手当などの費用も含まれます。

そして着手金というのは調査に入る前段階で支払うお金の事を指し、大抵の業者では「総額の〇%」とか「定額で数万円」などの設定になっています。

成果報酬の完全後払いという探偵業者も中には存在しますが、まず最初にいくらかの着手金を請求する業者の方が多いです。

経費

調査する上でかかってくる実費になり、どこまでを請求するかは業者によってまちまちです。

どんなものが経費にかかってくるのか具体的にいうと、

電車・バス・タクシー・新幹線などの交通費、宿泊費、車輌費、ガソリン代、駐車代、高速道路料金、通信費、テープ代、フィルム代、飲食代、遊興費、施設利用料金、機材費など。


またこのような経費に関しては、依頼者に対してその都度承諾を得たり、また打ち合わせ時に「何にどれぐらい」の経費がかかるのか、ある程度の説明を受けます。

そして支払いに関しては、調査終了後の清算段階で追加料金として加算されます。

またこれは下でも解説していますが、コミコミ価格として全ての経費が最初から調査料金の中に含まれていて、追加費用が発生しない「パック料金制」を採用している業者も存在します。

手数料

動画、DVD、写真などの証拠の編集・作成や最終提出する報告書の作成費用や、事務手数料という名目で請求されることもあります。

ただし料金の総額やプランの中に含まれている事の方が多いです。

成功報酬

成功報酬が発生する契約をした上で、依頼者と探偵側がお互いに確認した「調査における成功」が達成すれば、取り決めた金額を調査成功後に支払います。

料金プランの紹介とそれぞれのメリット・デメリット

探偵業界で採用されている料金プランは大きく分けると、
  • 時間料金制
  • パック料金制
  • 成果報酬制

の3種類に分かれており、これらどのプランにもメリットとデメリットが存在し、それを以下で詳しく解説していきます。

時間料金制

1時間いくらというように、調査スタッフの稼働時間に応じて料金が決定するシステムで、最大のメリットは明朗会計で依頼者側にも分かりやすい点になり、採用している業者はとても多いです。

それとは逆に時間料金制のデメリットは、調査期間が長期になればなるほど他の料金システムよりも金額が割高になってしまうという点です。

ですので不倫相手に関する情報をほぼ持っていないなど、長期に渡って調べることが予想されるケースなら、後で説明するパック料金制を採用している探偵にお願いした方が費用を抑えられる可能性が高いです。

またこの時間料金制に関して、いくつかの注意点があります。

まず上でも説明していますが、現場スタッフは2名以上で行われるのが通常です。

しかしホームページには「6,000円~」などのように、1名分の価格しか載っていないことが多々あるので、そこだけを見て安いと勘違いしないようにして下さい。

また基本料金として、最低調査時間が定められている事が多いです。

これは仮に1~2時間など短時間でその日行う全ての調査が終わったとしても、1日の最低調査時間で設定している時間が4時間なら、4時間分が基本料金として加算されることになります。

その他にも、1日の予定時間を超えて調査を続行する場合は延長料金が発生します。

これは浮気調査で行う尾行や張り込みは、ある程度の予測はしても当日対象者がどのような動きをするのかによって大きく異なります。

なので事前に想定していたような動きがなかった場合や、監視を継続することで情報を得れそうな場合は、取り決めた時間を超えて調査するケースも少なくありません。

その際ほとんどが依頼者に連絡し現在の状況を説明した後、「延長するかどうか?」を依頼者に決定してもらいます。

ただし決定的な瞬間が近いと判断できる状況だったり、調査対象者に急な動きがあった場合には、現場の探偵が自己判断で自動延長することもあります。

  • 時間がかかりそうな案件なら、パック料金制の方が良いのかどうかの確認
  • 調査員の人数を含めた、1時間の正確な値段をヒアリング
  • 1日の最低調査時間は「何時間か?」を確認
  • 延長する場合は、事前相談をしてくれるのかを確認

などのようなことを契約時にしっかりと質問し、事前に確認しておいて下さい。

パック料金制

パック料金制は、探偵や興信所が提供するサービスをまとめ買いというもので、カラオケの「〇時間フリータイム」やネットカフェの「〇時間パック」と同じ料金システムです。

つまり「12時間12万円」、「20時間で20万円」、「40時間40万円」などのように、定額制でパッケージされている時間分を購入するということです。

さらにパック料金制では、購入した時間を好きに組み合わせることができるというのも大きな特徴で、

たとえば16時間分のパッケージを購入したとしたら、「16時間×1日」、「8時間×2日」、「4時間×4日」のように、時間を分割して使用することができるという点です。

ただし上の例でいうと、「1日1時間を16日連続で調べてくれ」のようなあまりにも細分化した使い方はできない事が多く、利用できる最大日数が決まっていることがほとんどなのでこれは契約時に必ず確認すること。

また「契約・購入から1ヶ月以内」など、ほとんどの所で使用期限が決まっていますので、これもその期限以内に調査に当たってもらうようにして下さい。

そしてこのパック料金制を利用する大きなメリットとしては、時間料金制よりも時間あたりの単価が格安に設定されていて、調査費用が安くなるケースが多いことです。

またパックの中に必要な経費分も含まれていることが多いので、個別課金や追加費用が発生しないという点も依頼者側としては非常に安心できるポイントでしょう。

ではパック料金制のデメリットなのですが、もし短時間で調査が終了した場合は割高になってしまうという点です。

たとえば30時間パックを契約したのに10時間で調査が終了した場合は、20時間はまるまる必要のない時間という事になるので、実質的な料金は高くなってしまいます。

成功報酬制

調査が成功に終わった場合に、契約時に決められた料金を支払うシステムで、依頼する側にとっては非常に都合が良いという点が最大のメリットです。

その反面、この成功報酬制に関しては依頼者と業者間での金銭トラブルがとても多い料金システムでもあります。

これに関しては言葉を文字通り捉えて、「調査が失敗に終わればお金を払わなくてもいい」などと思っている方が実際に多いことが、トラブルに発展する1つの理由となります。

つまり初期費用0円で調査費用の全額を後払いで支払えばいいという料金システムを採用している業者はごく稀ということ。

そして基本的には先払いで「一部着手金」を支払い、終わった後に成功報酬というケースがほとんどなのです。

また探偵側も、依頼者が途中で連絡が取れなくなり代金を支払ってもらえないなど、小さくないリスクが存在するので、他の料金システムよりも高い値段になることが多いです。

この成功報酬制に関しては、こちらのページで細かく解説しているので参考にしてもらうとして、数多くのデメリットや不透明な部分があり、あまりおすすめできない料金システムというのが正直なところです。

浮気調査の料金・費用の総額を安く抑える方法

安い価格で探偵を雇うことばかりを考えるあまり、格安の料金設定をしている業者がどこかを調べている方は多いでしょう。

しかし広告やホームページ上であまりにも格安を謳っている所は、警戒した方がいいですしできるなら避けるべきです。

この理由については「こちらのページ」で解説しています。

そこで提案したいのが、自分が行う努力によって調査料金を抑えるという考え方で、具体的な方法を以下で解説していきたいと思います。

浮気の証拠・情報を自分で集める

いくらプロだからと言っても、何もない所から証拠を見つけ不倫関係を暴き出すのは困難です。

なので浮気調査を無事成功させるためには、パートナーの浮気について自分が知っている事や掴んでいる情報は、出し惜しみせずに全て渡すことが重要になります。

そしてそれは調査の成功率を上げるだけでなく、トータルの金額を抑える・安くすることにもつながります。

つまり探偵に調査してもらう日数・時間をできるだけ少なくすることが、費用を抑える最大のコツになり、そのためには情報収集が欠かせません。

たとえば浮気の容疑がある旦那(妻)が、「いつ、誰と、どこで」会っているのか有力な手がかりを何も持っていない場合は、とにかく目を離さないよう調査員に張り付いてもらうほかありません。

そうすると1週間に渡って1日10時間以上監視する、などのような依頼をすることになり、こんな頼み方をすると100万円を簡単に超えるぐらいの金額になるのも仕方ありません。

なのでまず最初に、相手にばれたり警戒されない範囲で構わないので、自力で情報収集しながらある程度のあたりを付ける必要があります。

これに関しては、発言・行動・出てくる物的証拠などをよく観察すると、共通点やパターンを発見することができ、必然的に「怪しい日」「怪しい時間」を割り出すことができると思います。

たとえば、

「飲み会と称して毎週金曜日は帰りが遅くなることが多い。またその時はお気に入りのパンツを履いていくことが多く、帰宅後にパンツを確認すると謎の白いシミが付いていることも。さらに誘ってもその日だけは性交渉を絶対に拒否される。」

などのようなことです。

あくまでも例えで、ここまで無警戒でバレバレな行動をする対象者も珍しいかもしれませんが、このケースだと平日は無視して金曜日の夜をピンポイントで調査してもらえば、高確率で証拠が得られそうです。

このような感じでできれば、「疑わしい曜日と時間」を探偵に言えるようになるまで、とにかく自力で情報を集めることを心がけて下さい。

腕の良い業者に依頼する

腕利きの探偵を揃えている事務所と契約することも、依頼料の総額を安く抑えるためには重要なポイントになります。

なぜなら技術力やレベルの違いによって、決定的な証拠を押さえるまでに必要な時間や日数が全く異なることがあるからです。

たとえば経験豊富で優秀な探偵であれば、調査員2名であたって短時間で終わるような調査でも、素人同然や未経験のアルバイトスタッフを使うような業者に頼んでしまうと、倍の人数・時間がかかってしまうことがあるからです。

向こうの技術が低い故に、不必要な人数や時間が割かれたとしても、当然ですが依頼する側の負担となり料金は加算されてしまいます。

またスムーズに調査が進行せず、余計な延長料金が発生したり、下手くそな調査で対象者にばれてしまい、その結果お金をドブに捨ててしまうような事例も少なくありません。

そもそも探偵や興信所というのは、特別な資格取得や専門の試験があるわけではなく、各都道府県の公安委員会に届け出を提出するだけで営業が可能になります。

つまり探偵になる事自体のハードルはとても低いので、各会社の調査レベルの差は恐ろしいほどあるのですが、利用する側には見分ける方法がありません。

また浮気調査や不倫などは簡単には人に言えない問題なので、口コミや評判を調べても判断材料にできるような、精度の高い情報はなかなか落ちていません。

ではどうすればレベルの低い所を避け、優秀な探偵業者を選ぶことができるのかですが、

  • 数千~数万のしっかりとした調査実績を持っている事
  • 3年以上~業界歴の長いベテラン調査員が多数在籍していること

このような事も選ぶ基準の1つとしてチェックすることをおすすめします。

そして競争に勝っているという点においては、スタッフ数名で普段は仕事をまわし、足りない場合は外注を使うなどの小規模な個人事務所よりも、やはり名の知れた大手を選ぶ方がリスクは少なくなるでしょう。

割引き、値引き交渉をする

まず相談や見積もりの時点で、自分の予算をちゃんと伝えること。

そしてその予算を超えてしまって経済的に厳しいなら、「どうにかして安くならないか」を言ってみることが大事です。

というのも上で解説したように、探偵業者にはある程度の相場や価格帯は存在しますが、実際のところ提示される値段は本当にバラバラです。

また依頼者側に値引き交渉されることを前提として、最初の値段設定をしている会社もあるぐらいなので、素直に安くしてほしいと言うべきです。

意外とあっさり割引きに応じてくれることは多々あります。

そしてそのような見積もりからの値引き交渉を1社だけではなく、複数の業者と行うことで、

「A社は〇〇円まで下げてくれた」、「B社は××円が限界の代わりに、手数料を無料にしてくれる」

などのような交渉材料をつくりだすことが可能になるので、積極的に他の探偵社にも足を運ぶようにして、図々しくお願いすれば良いですよ。

調査料金の支払い方法について

クレジットカード払いや分割払いに対応してくれる?

探偵や興信所での浮気調査をお願いすることは、いくら価格が安い良心的なところに依頼したとしても、数万~数十万以上はかかってしまいます。

旦那(妻)の浮気は確信していて証拠を見つけるチャンスもあるのに、経済的な問題でプロに依頼することを足踏みしている方も多いでしょう。

ですが諦めるのはまだ全然早く、始めの相談時に分割払いに対応してくれる業者も存在します。

一昔前までは「現金一括払い」が当たり前でしたが、現在ではかなりの数の業者がクレジットカード払いに対応してくれています。

依頼時にまとまったお金が用意できなくても、クレジットカードで支払いができるのであれば、リボ払い・分割払い・ボーナス払いなどが利用可能なのでこれは心強いでしょう。

またクレジットカードの加盟店になるには、過去に問題や事故がなかったかなど企業情報の審査をクリアする必要があるので、カード払いを導入しているかどうかも探偵選びの1つの基準となるでしょう。

あと支払いにクレジットカードを利用する際の注意点として、利用明細にどんな表記がされるのかは電話や面談時に確認した方が良いです。

「タンテイほにゃらら~」なんていう表記だった場合、浮気調査をしたことが途中で旦那(妻)にバレてしまう可能性もありますので。

ローンの取り扱い・対応はしてくれるの?

調査費用の支払いが厳しい方に向けて、分割払いが可能なローンを用意している業者もあります。

ただしこれらの多くが、信販会社が取り扱っている目的別ローンのように、一定の審査基準を設け、金利も消費者金融並みになります。

それ以外では実施している業者の数は少ないですが、金利ゼロ・無利息の自社ローンを用意している探偵や興信所もありますので、一度問い合わせてみると良いでしょう。

離婚前提なら慰謝料を見込んで依頼するのもアリ!

探偵や興信所に浮気調査を依頼するほど、自分で使えるまとまったお金がない方でも離婚前提であるなら、自分が貰える慰謝料を見込んで行動することは可能です。

つまり調査費用を、慰謝料で支払うということですね。

一応の目安として、裁判になった場合の慰謝料の一般的な相場を紹介すると、

・離婚や別居なし:約50~100万円

・別居になった場合:約100~200万円

・離婚になった場合:約200~300万円


あくまでも目安の金額はこのような感じです。

そしてこれは裁判になった場合の話になり、通常はその前に配偶者+相手側と示談交渉をするのが普通です。

示談交渉でいくらぐらいの慰謝料を請求するかは自由なので、相手側が家庭・職場・近隣などにバレることを恐れたり、早期解決したい場合は目安よりも高い金額を取ることも可能です。

また離婚した場合は財産分与もありますので、配偶者が借金まみれでない限りは、自分の手元に入ってくるお金はさらに見込めると考えられます。

ただしこの場合の条件として、

  • 「怪しい」「何となく臭う」程度ではなく、80~90%ぐらいで配偶者の浮気を確信している
  • 依頼した探偵・興信所が不貞行為が、しっかりした証拠を持ってきてくれる(裁判で通用するレベル)

この2点がちゃんとしていることが重要であり、前者は自分でできる努力(証拠集めなど)、後者は当サイトを含め情報収集によって精度を上げることが可能です。

ページの先頭へ